最新情報

お知らせ

2016.09.02

【プレスリリース】「地熱発電の日」を制定〜国内初の地熱発電が開始された10月8日を「地熱発電の日」と制定〜

日本地熱協会は、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)および電気事業連合会とともに10月8日を「地熱発電の日」と制定いたしました。

本年10月8日は、国内初の地熱発電所である松川地熱発電所(岩手県八幡平市)が昭和41年に運転を開始して、ちょうど50年にあたります。

日本地熱協会は、発電コストが低く、自然条件によらず安定的な発電が可能なベースロード電源の一つである地熱発電の導入拡大を進めています。今般、日本の地熱発電の歴史が半世紀を迎えることを記念し、JOGMEC、電気事業連合会とともに一般社団法人日本記念日協会(代表理事:加瀬清志)に対して、10月8日を「地熱発電の日」とするべく認定登録の申請をしておりましたが、このたび審査に合格し、認定登録されることとなりました。

登録証の授与式は、本年9月16日にJOGMECが岩手県八幡平市で主催する「地熱シンポジウムin八幡平」の中で執り行います。

日本地熱協会は、JOGMECなど地熱開発に関係する行政・企業・団体等と協力しながら、今後、10月8日の「地熱発電の日」やその前後の時期に、地熱理解促進活動のイベントを恒例行事として開催し、国民の地熱発電に対する認知・理解を進め、地熱開発の促進に努めてまいります。

松川地熱発電所の概要.pdf (松川地熱発電所の概要.pdf)

  • ページの先頭へ