組織紹介

会長挨拶

日本地熱協会 会長 小椋 伸幸私たちの暮らしを支えるエネルギーの消費量は、世界的な人口の増加に伴い急速に増大すると国際エネルギー機関(IEA)は予測しています。一方、地球温暖化対策として温室効果ガスの削減が急務となっており、エネルギーの安定供給と温暖化対策の両立が人類にとって非常に重要なテーマとなっています。そのため、各国において最適なエネルギーミックスがどうあるべきかが模索されています。

わが国のエネルギー自給率が6%と非常に低いことは、周知の事実です。東日本大震災以降は化石燃料への依存度が高まっており、これが二酸化炭素の排出量を押し上げる結果となりました。政府が定めたエネルギーミックスでは、2030年時点において再生可能エネルギーの占める割合を22〜24%程度まで引き上げることを目標としており、その導入拡大が大きく期待されています。

わが国は地熱に関しては世界第3位の資源大国でありますが、温泉や環境への影響を不安視する声もあることから、その活用が十分に進んでいるとは言えません。一方で昨年、松川地熱発電所操業50周年を機会に「地熱発電の日」が制定されましたが、同発電所は安全な操業実績により地域と共生している好事例であると思います。科学的根拠に基づき地熱資源を正しく活用することは、今後のエネルギーの安定供給のみならず、地域活性の一助になるのではないかと考えています。

日本地熱協会は、有望な地下資源である地熱を、地域と共生しながら安全にまた安定的に活用するための幅広い取り組みを行っています。

皆様には今後とも当協会への一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

平成29年5月 日本地熱協会 会長 小椋 伸幸

主たる役割

  • 地熱発電全般に関する調査研究
  • 政府その他関係機関に対する提言と陳情
  • 地熱発電全般に係る会員相互の情報交換
  • 地熱発電に対する理解の促進と広報

設立

2012年12月4日

役員

会長

小椋 伸幸

石油資源開発(株)

副会長

有木 和春

三菱マテリアル(株)

理事(順不同)

森田 誠也
後藤 弘樹
石井 義朗
満田 信一
中西 繁隆

日鉄鉱業(株)
出光興産(株)
国際石油開発帝石(株)
三菱ガス化学(株)
電源開発(株)

監事(順不同)

高橋 龍
菅 牧夫

三井物産(株)
地熱技術開発(株)

運営委員長

安達 正畝

国際石油開発帝石(株)

事務局長

齋藤 徹

 

会員状況

(五十音順)

【正会員】

合計64社(平成30年6月5日現在)

【特別会員】

合計7団体(平成29年5月24日現在)

事務局

住所

〒101-0031 東京都千代田区東神田一丁目4番11号 KKビル5階

電話

03-5823-4639

FAX

03-5823-4640

事務局長

齋藤 徹

アクセス

  • ページの先頭へ